エキテンで最新情報!~口コミサイトならエキテン~

エキテンで最新情報!~口コミサイトならエキテン~

夏の暑さ対策に衣類の素材選び エキテンで検索

今年は梅雨明けも早く全国的に連日猛暑日が続いています。熱中症の症状も一週間で9000人以上が救急搬送されていると言われています。

そんな暑さが続いていますが、暑さ対策は衣類の素材の選び方でも対策することができます。

夏服選びではとにかく素材選びが大切です。デザインが半袖だとしても生地がしっかりしたコットンでしたら暑いのです。

特に麻は夏に涼しい素材の一つです。麻の中でもリネンは、吸水性や速乾性に優れています。汗を吸っても、すぐ乾かしてくれます。そのため肌にまとわりつかず夏でも着心地が良いです。

麻の繊維の仲間でヘンプという素材もあります。栽培に農薬を使わないエコな繊維であり、土壌を回復させる働きもあるため、ひそかなブームとなっています。衣類の素材としても汗を素早く吸って乾かしてくれて着心地が良いのはもちろん、生地が強く紫外線をカットしてくれる性質もあります。また、菌の繁殖がしにくいため汗の匂いも抑えてくれます。

モダールというレーヨンによく似た素材もあります。水洗いにも強く、洗濯に強い繊維です。吸水性や、発汗性にも優れています。手触りがよく、ヨガパンツなどのスポーツ用品に使われることも多いです。

インド綿は、綿の中でも特に涼しさを感じられる素材の一つです。薄手で風通しが良く、肌にまとわりつきにくいので着心地も良いです。吸水性や、発汗性も優れていて、まるでリネンのような機能性の高さがあります。インド綿は半袖ではなく長袖で売られている場合もあります。太陽光から肌を守ってくれ、ハリのある素材ですので風が吹き抜けるスペースができゆとりがあります。

夏の暑さは、衣類の素材選びにも気を配って暑さ対策をしていきましょう。

熱帯夜対策、快眠寝具をエキテンで探してみる

夏の暑い日は、夜になっても部屋に暑さがこもります。そのせいでなかなか寝付けなくて、やっと寝付けても汗だくで目が冷めてしまう、そんな熱帯夜に寝具で対策する方法があります。

そもそも熱帯夜は、夜になっても気温が25度よりも下がらない日のことを言います。

都市部ではエアコンの室外機の影響や、車の排熱の影響や、ヒートアイランド現象により夜になってもなかなか気温が下がりません。外気温が下がらないので、もちろん室内の温度も下がりません。熱帯夜の室内はエアコンをつけなければ30度近くなり、眠れなくて当然です。

眠れない原因は気温だけではありません。湿度が高いと汗をかいてもなかなか蒸発しないため、体に熱がこもってしまい、汗がいつまでも肌にまとわりつき、寝付きを悪くしてしまいます。

また、人が眠りにつくときは体温がいったん下がります。しかし暑すぎるとなかなか体温が下がらないため、いつまでたっても眠れない状態が続いてしまいます。

では、どうしたら快適な眠りにつけるのでしょうか。

例えば、エアコンをつければ室温は調節できますが、電気代もかかりますし、ノドや鼻などの風邪をひいてしまう心配もあります。

エアコンに頼らずに快眠する方法は、扇風機(首振り)またはサーキュレーターを使用して気流を作ります。すると汗が蒸発しやすくなり、眠りを保つことができます。

最近では、機能的な寝具も出回っており、汗を蒸発させてひんやり感を保つ素材の寝具や、蓄冷蓄熱マイクロカプセルを折り込んだ製品もあります。枕にも冷却素材のカバーを使えばさらに体を冷やす効果が高められます。エキテンでも寝具を販売している店舗を検索できます。

エアコンをつける場合には28度~29度くらいに調節して体の冷やし過ぎに注意しましょう。

夏は浴衣で出かけられるところをエキテンで探してみる。

夏の風物詩の一つに浴衣があります。浴衣で出かけるところと言えば花火大会を思い浮かべる人も多いと思います。しかし最近では花火大会だけではなく、食事やデート、お友達とのお出かけにも浴衣で遊びにいくのも増えています。ただ、浴衣で出かける花火大会など暑くて汗だくで帰るときにはもうクタクタという場所ではなく、涼しい場所を選んでお出かけすると浴衣でも快適に過ごせます。

エキテンで調べてみるとオススメの場所には、東京タワー、水族館、アートアクアリウム、美術館、寄席鑑賞などがあります。

東京タワーではこの時期、3Dプロジェクションマッピングの天の川イルミネーションが行われています。360度、星のような光が展望台を埋め尽くします。天の川や夏の星空がプロジェクションマッピングで演出されています。さらに7/5~7までの3日間に浴衣や甚平で行くと大展望台までの料金が割引になるチャンスもあります。

水族館のアクアパーク品川では、品川駅から徒歩2分という立地にありながら、かわいいイルカに出会えます。

アートアクアリウムでは、金魚の世界で夏を感じられます。その雰囲気から浴衣にぴったりの場所だと思います。こちらもまた浴衣で行くと割引があるようです。夜19時以降の開催になりますが、妖艶な色の光で照らされた水槽を見ながらドリンク片手に金魚の世界を見ることができます。

寄席鑑賞では、落語や漫才、手品、大道芸など日本ならではの伝統の愉しみを楽しめます。お年寄りの方が多いと思われがちですが、若い方が行っても十分に楽しむことができます。

七夕イベント開催している場所でもエキテンでお店を検索

来月、7月7日は七夕です。七夕は日本だけの行事だと思われている方も多いかもしれませんが、中国が発祥と言われています。ですので、日本での七夕伝説は中国の七夕伝説の内容が盛り込まれたものとなっています。

日本での七夕行事は、学校行事や地域のイベントとしても行われることが多くあります。

 七夕行事として有名なところは、様々あり一部ですが、ご紹介していきます。

宮城県仙台市で行われる仙台七夕まつり

日本一の七夕祭りと言われるほど、美しい飾りがあり、全国から多くの観光客が訪れます。

秋田県能代市で行われる能代七夕まつり。

巨大な灯籠は、空にも届くような、高さは日本一です。

神奈川県平塚市で行われる湘南ひらつか七夕まつり。

日本三大七夕まつりのひとつで、関東三代七夕まつりに数えられています。豪華な飾りが多く、その年に話題になった有名人や動物などが飾りとなっています。

東京都浅草から上野で行われる下町七夕まつり。

かっぱ橋本通りを天の川に見立てて、飾りや灯籠などが連なります。一緒にパレードやパフォーマンスなども行われます。

東京都杉並区阿佐谷南で行われる阿佐谷七夕まつり

お手製のハリボテ飾りやアイデアを取り入れた七夕飾りが有名で都内随一と言われています。

埼玉県狭山市で行われる入間川七夕まつり。

市民の出品による七夕飾りが飾られ、さらに花火大会も同日に行われるため見どころが多数あります。

千葉県茂原市で行われる茂原七夕まつり。

もばら阿波おどりYOSAKOI鳴子おどりなどのイベントも行われるため多数の観光客が訪れ賑わいをみせます。

七夕をみにいった先でお店に迷ってもエキテンで検索するとすぐに近くのお店を見つけられるので安心して出かけられますね。

ジューンブライド 結婚式場もエキテンで探せます

ジューンブライドは、一般的に六月の花嫁や、六月の結婚のことを言われます。多くの女性が憧れる結婚式でもあります。この月に結婚式を挙げると幸せな結婚生活を送ることができると言い伝えられています。

この時期、日本では、一部の地域を除き、ほとんどの地域が梅雨時期です。初夏を迎え暖かい時期ではありますが、雨が多いため結婚式に適した季節とは言えません。そのため、このジューンブライドという言葉が広まるまでは六月に結婚式を挙げる人はほとんど言わなかったと言われています。しかし、この言葉が広まった後には、六月に結婚式を挙げたいと言う方は多くいらっしゃいます。

ジューンブライドが由来となったのは、諸説ありますが、ヨーロッパから伝わったと言われています。June(六月)の月名がローマ神話の結婚をつかさどる女神でJuno(ジューノ)と呼ばれていました。婚姻や女性を守護する女神の月に結婚すればきっと幸せになれるという説があります。

また、その昔、ヨーロッパでは3~5月の間は結婚が禁止されていました。六月から解禁となるため、いっせいに結婚式をし、周りの人たちから大変大きな祝福を得た月が六月だったという説もあります。

他にも、ヨーロッパは六月が一年の中でも雨が少なく天気の良い日が続くため季節的な環境がベストと言われていました。さらに復活祭もあることから祝福ムードとなり、花嫁が幸せになれると言い伝えられている説もあります。

エキテンでも結婚式を検索することができます。ジューンブライドには、様々なイベントを行っている結婚式場も多いようです。

最盛期を迎えるさくらんぼのさくらんぼ狩りができるところをエキテンで探してみました

さくらんぼの旬は5月頃から7月頃までです。中でも6月頃が出荷の最盛期を迎えます。

出荷量が最も多いのは山形県で、全体の80%を占めています。ついでアメリカ、北海道と続きます。サクランボは追熟しない果物です。そのため一番美味しいタイミングで収穫されます。

早く出荷されるものもありますが、ちょうどこの梅雨の時期に出回るものが多くなっています。5月後半から6月にかけてが旬となっています。

 

さくらんぼは桜の木になる実です。桜と言っても一般的に観賞用とされているソメイヨシノなどとは違う品種です。

さくらんぼがなる木は、セイヨウミザクラ やスミミザクラなどの品種となります。セイヨウミザクラが明治時代で日本に入ってきました。北海道に移植されたものが東北までに広がりました。

 

さくらんぼは見た目の可愛らしさもあり、甘味酸味のバランスも良く人気ですが、実は栽培は簡単ではありません。栽培できる地域も限られていて国内で作られている量は非常に少ないです。ですから、とても高価な果物となっています。

 

この旬の時期にさくらんぼ狩りを楽しむことができます。エキテンで場所を検索できますので、口コミと共に見ればこれから行くところの参考になりそうです。

ちなみにさくらんぼ狩りで、佐藤錦、紅秀峰、大将錦などがさくらんぼ狩りを楽しめます。

佐藤錦は、甘味酸味があり、さくらんぼの中でも評判の高い品種です。

紅秀峰は、佐藤錦より少し大きめです。果肉はやや硬めの黄白色です。日持ちが良い特徴があります。

梅雨を楽しむアイテムをエキテンで検索

いよいよ梅雨到来で、少し憂鬱な気分になりがちですが、そんな気分を晴れやかにしてくれる梅雨を楽しむためのアイテムをご紹介していきたいと思います。

 

その前に梅雨って?

梅雨は、「つゆ」とも「ばいう」とも読まれます。

ちょうどこの時期に梅の実が熟すので、梅雨と言われるようになったと言われています。

梅雨は、日本だけでなく韓国、中国、中東アジアに降る雨の季節のことを言います。大陸の冷たい高気圧と太平洋の温かい高気圧がぶつかり合い、大気の状態が不安定になって起こります。梅雨前線が停滞するので、雨が降り続くようになります。これが梅雨です。

 梅雨だからこそ、できることがあります。

かわいい傘や、レインコートなど。最近では、ドット柄の傘、柄の部分に突起が付いていて傘を閉じて持っている時にカバンなどを掛けることができる傘。撥水機能が高い傘で傘を使ったあと一振りするだけで水滴が落ち畳んでカバンに入れても濡れる心配のない傘。傘の中に扇風機が付いていて柄のスイッチを押すと涼しい風が吹いてくる傘。スマートフォンサイズにたためる折りたたみ傘。などなど様々な傘があります。

 他にも、靴専用のシューズドライヤー、ハンガーでかけておけば衣類や靴を乾かしてくれる温風ハンガーなど様々な商品があります。

こうしたものを上手に活用しながら梅雨を乗り切ればストレスのない梅雨時期を過ごせるかもしれませんね。エキテンでは、近隣のショッピングできる店舗など検索することができます。ぜひ活用してみてください。