エキテンで最新情報!~口コミサイトならエキテン~

エキテンで最新情報!~口コミサイトならエキテン~

エキテンのクローズアップ欄がおもしろい

エキテンを長らく愛用していますが、最近個人的に注目している欄があります!それは、「リラク・ボディケア」「ヘアサロン・ネイル」「医院・クリニック・ヘルスケア」「習い事・スクール」「リサイクル・中古買い取り」「出張デリバリー・生活サービス」「グルメ」「お出かけ・レジャー」などの掲載店舗の大分類で調べたときに出てくる【クローズアップ】欄です。その分類で実際に調べる人が多いワードが表示されるのですが、地域性が垣間見られ、思わず見入ってしまいます。

例えば、「出張デリバリー・生活サービス」の欄には「都市名×花屋やクリーニング、酒屋」などが多く並ぶ中で一つだけ「世田谷×ハウスクリーニング」というのがあります。私の推測ですが、世田谷は高所得層の人が多く、ハウスクリーニングを依頼したいと思っている方が多いのではないかとこの表示から推測できます。

また、「住宅・不動産」の分類では「沖縄×リフォーム」というワードがあり、沖縄に移住もしくわUターンして沖縄での永住を検討している人が多いのではないかと推測できます。沖縄以外は東京・千葉・名古屋などの都市名で検索の多い「リフォーム」というワードが沖縄でも人気だというのはエキテンを見るまでしらない情報でした。思いもよらない場所で検索をされていたり、このエリアでこのワードの検索?と2度見してしまうような結果もあったりと本当に見ているだけで楽しめるのがクローズアップ欄です。

高田馬場、池袋などラーメン激戦区で知られているエリアと並んで「八王子×ラーメン」も検索を多くされているようで、私の中であまり八王子=ラーメンが有名という印象はなかったのですが、これまた非常に気になるデータだと思います。

この他にも面白い結果がいろいろ書かれていますので、ぜひみなさんも「クローズアップ」欄みてみてくださいね。

インスタグラムで集客しよう

エキテンマガジンでも今はSNSでの集客がポイントになっていると書かれた記事がありましたが、エキテンなどの口コミサイトとともに、SNS対策をすることで集客アップを図ることができます。

特に若い10~20代の世代をターゲットとしているお店については是非意識してほしい部分でしたので、今回インスタグラムを上手に活用して集客をアップさせるためのポイントをお伝えしようと思います。

まずはインスタグラムの「ビジネスツール」という機能を利用してほしいです。これはビジネスアカウントのみに使用ができる機能で、店舗の場所や電話番号などをインスタグラムアカウント内に掲載することができるため、ユーザーがそのお店を気に入ったら、そのアカウントとから問い合わせやお店までの地図を立ち上げることができるのです。ユーザーの手間を省いてあげることで来店効果を狙えます。また、インスタグラムなので写真には注力をしたいところです。店内、メニュー、スタッフなど様々な写真をたくさん載せるのが良いと思いますが、意識すべきは統一感です。アットホームな感じだったり、癒しの感じだったり、統一感を出すことで、雰囲気を伝えることができ、来店のキッカケになりやすくなります。そしてインスタグラムで忘れてはいけないのが、ハッシュタグです。インスタグラムを利用している若者の多くはハッシュタグ検索を頻繁に活用し、そこからの購買行動が顕著に出ています。人気のハッシュタグを利用したり、伝えたい情報もハッシュタグをうまく活用して投稿するのがお勧めです。       インスタグラムの取り組みはそんなに時間のかかることではありませんので、ブログを更新するようなイメージで画像にこだわって、お店の雰囲気・アピールポイントを伝えていきましょう。

エキテンマガジンで知るミステリーショッパーとは

ミステリーショッパー」という言葉をご存知ですか?

あまり聞きなれない言葉かと思いますが、ミステリーショッパーとは、調査員が普通のお客さんに扮してお店に来店して、接客サービスの良し悪しをチェックするものです。特に事前に連絡などもないため、いつ調査員が来るのか、誰が調査員なのかなどの情報はわからないため、日ごろからサービスの向上を心掛けていないといけないことになるのです。このいつ来るかわからない、どれが調査員なのが見極めが難しいというところから、普段から緊張感が生まれお店の品質向上、サービス向上をはかることができます。スーパーなどでは昔からミステリーショッパーを依頼して、品質向上を意識した運営をしているところが多いようです。個人的に知人に調査を依頼する場合もあるようですが、今では調査員を派遣してくれるミステリーショッパー集団まであり、重要性を感じている企業が多いことを感じさせます。

上司がお店に視察に来るときにだけ、緊張感をもって、良いサービスを提供するのではなく、いつ、どのタイミングで調査員が来てもきれいで親切なお店を意識して運営していくことで、自然とお客様の満足度も上がり、リピートしてくださる方が増えると統計からも読み取れるようです。

飲食店などでも最近はミステリーショッパーのような覆面調査を行っている会社は多く、フランチャイズ展開しているような大きな企業では、この調査結果を非常に重くみているようです。

いつでも、だれにでも優しい、使いやすいお店を目指してもらえるのは本当に嬉しいことですよね。これからもミステリーショッパーを上手に活用して、居心地の良いお店が増えることを期待しましょう。

エキテンで畳屋さんを手配

少し前の話になってしまうのですが、実家の畳がもう何年も変えていないねという話になり、色もだいぶ焼けてきてしまったので、年末の大掃除の一環として、畳を新調することにしました。ただ、もう何年も畳屋さんにコンタクトもしていないし、どこに頼んでいたかも記憶にないというので、親に頼まれて近くの畳屋さんをエキテンで調べてみました。実家の周辺を車で移動していてもあまり畳屋さんを見かけないような気がするのですが、エキテンで調べたら実家近辺でもたくさん畳屋さんが登録されていました。

昔は一家に一冊、タウンページがあったのですが、新聞を購読している人が減っているからでしょうか、最近は昔のようにタウンページも配られなくなったような気もしますし、大きくて邪魔になってしまうので取っておくのも大変です。そう考えると、エキテンのようなサイトでパソコンやスマホから簡単に町の地元のお店屋さんを調べられるのは本当に助かります。

畳の他にも、障子やふすまの張り替え、庭木の手入れや水回りのトラブルなど家のケアは定期的に必要になったり、突発的に必要になったりするので、地元のお店を探したいときには、やはりエキテンが頼りになりそうです。

畳のケアが大変という実家では、今回和紙を紙縒りのように巻き、い草のように細かくした和紙を丁寧に編み込んで作られた和紙畳というタイプに変え、色も一新してお部屋のプチリフォームになりました。

エキテンの生みの親高畠さんのインタビュー

先日エキテンについていろいろ調べていたところエキテンの生みの親であるデザインワン・ジャパンの高畠代表取締役が、エキテンを立ち上げたときのことについてインタビューされている記事が掲載されているのを見つけましたので、共有させていただきたいと思います。

高畠さんはもともとあの富士通で普通にサラリーマンをしていたそうです。でも、自分で企業することに魅力を感じ、脱サラしてECサイトを最初に運営したようです。もともと興味のあった受験とは全く違う分野の子供の教育に注目していた高畠さんは、子供向けにお金の使い方や、夢を持つことの大切さなど情操教育系の本を自分で書いては、ECサイトで販売していたそうです。その本を実際に買ってくださったお客様に感想を書いてくださいとアンケートを送り、お客様の声を集め、サイトにアップしたところ、想像以上に反応がよく、今まで以上のペースで売れたのだそうです。この出来事が高畠さんに口コミの魅力を痛感させることとなります。
さらに、高畠さんは兵庫県の片田舎の出身なのですが、地元へ帰るたびにさびれた街に心を痛めていたようです。地元のためにももっと地域が活性化するような方法はないかと考えたとき、思いついたのが「口コミ」の威力でした。これが「エキテン」が生まれるまでのストーリーです。

地元愛、自らが体験した口コミのパワーそのどちらが欠けてもエキテンは誕生しなかったでしょうし、この思いに賛同する企業、ユーザーが多いからこそ誕生して10年も愛されるサイトになったのだろうなと考えさせられました。

エキテンの口コミでお店探し

エキテンを活用することで、自分が行ったお店、これから行きたいと気になっているお店、友人のお店など様々なお店の口コミを見ることができ、評判を確認することができます。例えば、今度の週末に友人とランチをしようとしていた場合には、希望のエリアを選ぶことでたくさんのお店が出てきます。その中で写真やキャッチフレーズなどに興味をもったレストランやカフェの口コミをいろいろ見てみましょう。実際に行ったことないお店でも接客がどうか、お店の雰囲気はどんな感じなのか、おすすめの料理はどうか、コスパはどうかなどたくさんの視点で口コミを書いてくれていているので、自分が行きたいようなお店を上手にピックアップすることができるのです。

私も実際にこのようにエキテンで口コミを見ながらお店探しをしていることが多く、美容室やマッサージ、ケーキ屋さんなど多くの業態でこの方法が使えます。また、みなさんにお伝えしたいのが、是非来店されたお店について口コミの投稿をしてほしいということです。多くのお店に訪問してみて、良し悪しを確認するのは大変ですが、みんなで行ったお店についての口コミを投稿しておくことで、たくさんの有益な情報を手に入れることができるからなのです。

口伝えで直接伝えるのでは目の前にいる人にしか伝えわらないですが、エキテンに口コミを投稿することで多くの方があなたの口コミを参考にし、お店選びをすることになると思います。是非みんなで口コミの活性化を図りましょう!

エキテン10周年感謝イベント

エキテンは2017年の6月25日で10周年を迎えたということで10周年大感謝キャンペーンを開催しています。なんと賞品総額100万円!Amazonのギフトカードが最大で50,000円分が10名様に2等の20,000円は20名様、3等は1,000円のギフトカードが100名様にとトータルで130名もの方にAmazonギフトカードがあたるそうです。Amazonの50,000円のギフトカードあたったらかなり嬉しいですよね。ほしかった家電をゲットするチャンスです。

9/10(日)23:59までに投稿が完了した写真付きの口コミで、エキテンの審査を通過したものが対象になるようです。口コミ1件につき、1口の応募になるようですので、たくさん写真付きの口コミを送ることで当たる確率も高くなるということになります。

いつものように口コミを投稿するだけで、50,000円があたるチャンスだなんて魅力的ですよね。私もさっそくお店に行った際にはなるべく口コミを書いて応募しようと思っているのですが、いくつか注意点もあるようです。

まずは、投稿写真が「外観写真」もしくは「その他」の写真だけの場合は、応募対象外となってしまうそうですので、食べて料理の写真や、店内の雰囲気がわかるような写真、メニューの写真などを撮影するのを忘れないようにしたいですね。もちろん、店舗に関係があるのか不透明な写真や雑誌やテレビなどの写真の転用はもちろんNGになります。また、これはこのキャンペーンだけのことではないのですが、たくさん応募したい気持ちもわかりますが、口コミ投稿は【1日で3件まで】と制限がありますので、無理なく、自分の行ったお店の口コミを書いていくというのが良さそうですね!是非みなさんも応募してみましょう。