エキテンで最新情報!~口コミサイトならエキテン~

エキテンで最新情報!~口コミサイトならエキテン~

エキテンで検索、夏バテ対策

お盆が過ぎればあっという間に、夏が終わったような気になります。朝晩の気温も少しずつですが、涼しくなり始め、秋の気配も感じることも多くなりました。

しかし、まだまだ気をつけなければいけないのが熱中症です。実は、真夏の暑さで体力が消耗され残暑であるこの時期になって、夏バテする人も少なくありません。それほど、体は疲れているのです。

 

残暑の熱中症対策は、とにかく体を休めてあげることが大切です。

まずは、しっかり休息を取りましょう。いつもより早めに就寝することや、昼寝などをして、体を休めましょう。

ゆっくりと湯船に浸かり入浴することも良いです。

暑い夏は湯船には浸からずシャワーだけで済ませてしまう方も多いかもしれません。しかし、ぬるま湯にゆっくり浸かることで、副交感神経が優位となり、リラックス効果が期待できます。

十分な睡眠をとり、体を休めた上で適度な運動を心がけましょう。いつもの歩幅より少し大きく大股で歩く、いつもより早く早歩きにしてみる、エレベーターを使うのではなく階段を使うなど、体に負担をかけない程度で、毎日続けられる運動を取り入れていきましょう。

食事の面では、冷たいものばかり食べるのではなく、規則正しい食生活へと見直しましょう。特に積極的に摂取してほしい栄養素は、ビタミンB1、B2、B6です。これらはエネルギーの源になる炭水化物や脂質やタンパク質の代謝を助けるための、疲労回復効果が高いと言われています。

食材では、大豆、納豆、豚肉、うなぎ、にんにく、青魚などです。

 

まだまだ暑い日が続きます。取り入れやすい夏バテ対策から少しずつ生活に取り入れてみてください。

エキテンでは、夏バテ対策を銘打ったレストランなども載っています。参考にしてみてください。

お盆に営業しているかチャックはエキテンでも

もうすぐお盆を迎えます。お盆は、ご先祖様の魂をお迎えして供養する行事です。先祖の魂が家に帰ってくるという考え方は、仏教国の中でも日本独特のものと言われています。

一般的に8/13~16までをお盆としているところが多いですが、中には7/15にお盆を行う地域もあります。

 

お盆の期間は日によって準備するものが異なります。また地域によっても準備するものやスケジュールなども変わってきます。

 

お盆を迎える前にすること。

まず自宅にある仏壇とお墓の掃除をしましょう。

12日夜~13日朝

精霊棚(盆棚)の準備をしていきます。正式にはまこものゴザを敷いた祭壇を準備し、葉のついた青竹を四隅に立て、竹の上部にしめ縄を張ります。

祭壇には、位牌・生花・素麺・ナスの牛・キュウリの馬・ミソハギの花・水の子(清水で満たした器に洗ったお米とサイの目に切ったナス・キュウリを入れたもの)・野菜や果物(故人の好物)をお供えします。

正式なものが準備できない場合には、仏壇の前に小さな机を置き、白い布をかけて盆飾りをします。また、仏壇は盆飾りをするだけでも良いと言われています。

 

13日夕方~夜「精霊迎え」

13日は「迎え盆」といい、夕方にご先祖様をお迎えします。お墓参りした後、魂が迷わず家へ帰って来られるよう「迎え火」を行います。ほうろくの上でおがらを燃やし、門や玄関前に置きます。

 

16日「精霊送り」

お迎えしたご先祖様の魂をお見送りする日であり、「送り盆」とも呼ばれます。迎え火を焚いた同じ場所で、魂を送り出すための「送り火」をします。

 

エキテンでは、お盆でのお休みなどお休みの詳細なども書かれています。

夏休みどこ行く?エキテンで検索

8/7を過ぎれば、暦の上では秋に入ります。ですが、一般的には夏といえば8月を思い浮かべる方は多いのではないでしょうか。会社でも多くの企業が8月中旬にお盆期間として夏休みに入ります。

今回はエキテンでの検索数も多い、夏休みに人気なエリアや人気な遊びについて紹介していきます。

 

・やっぱり海!

都市圏にお住まいの方でも夏に一度は挑戦したいのが海水浴です。沖縄など海のキレイなところに行かれるのはもちろん、静岡県伊豆や千葉県なども人気となっています。浜辺でバーベキューを楽しむのもよし、夜は花火などを楽しむことや、大きなパラソルの下でのんびりと過ごすことで心をリフレッシュしてくれます。

 

・川遊び

川遊びやラフティングなど、複数人で楽しめるアクティビティも人気です。奥多摩まで行けば透明度が高い川と、みんなで力を合わせて激流を下る楽しみは夏ならではの遊びです。

 

・プールで遊ぶ

海や川も人気ですが、小さいお子様がいる家庭ではプールもとても人気です。よみうりランドハワイアンズなども人気です。また、夜になるとライトアップなどもして、大人も楽しめます。

 

鉄道博物館

実際に使われていた電車や、むかしの電車などが展示され、電車に興味のない方でも楽しめる場所となっています。また販売している駅弁を施設内で食べられるので、まるで電車の旅をしているような雰囲気を楽しめます。

 

・温泉でリラックス

草津や箱根や軽井沢など温泉地でリラックスするのも人気です。中でも草津は、世界的にも有名な温泉地で、そのシンボル的な存在に湯畑があります。厳選を木製の桶にかけ流し、温泉成分が固まった湯の花を採取するための施設では毎分4000リットルもの量の温泉が湧き上がり、湯けむりが舞い上がる圧巻の光景が楽しめます。

 

エキテンは、全国どこの店舗でも検索できますので、行った先々で活用することができます。

エアコンのクリーニングは真夏でも必要かもしれません エキテンで検索してみる

今年は梅雨明けも早かったせいか、7月でも暑い日が続いています。夏の暑い日に欠かせないのがエアコンです。

エアコンは汚れやホコリが溜まると出力が下がり、寿命も縮まると言われています。

エアコンの基本的なメンテナンスとして、エアコンのカバーを開けてフィルターを水洗いしたり、カバーを水拭きするような掃除は2~3ヶ月に一度行ったほうが良いと言われています。ただし、真夏や真冬などエアコンをフルパワーで毎日使うような場合には、月に1回程度にするなど、間隔を早めたほうが良いです。

 

業者さんにお願いするようなエアコンクリーニングは年に2回くらい季節の変わり目に行うのが良いと言われています。目安としては夏の終わりである9~10月、冬の終わりの3~4月です。ただし、夏はカビや虫などもエアコン内に発生しやすいので、放っておくとエアコンを痛めてしまうこともあります。そのため、夏の終わりは余程のことがない限り欠かさず行いましょう。

 

エアコンの掃除を行わないと、エアコンのフィルターや室外機が目詰まりを起こす可能性があります。エアコンから異音がしたり、水漏れを起こすことや、思いがけない故障を招くことにもなりかねません。

 

エアコンの掃除を行うと、こんないいことがあります。

エアコンに汚れが目詰まりしていると余計な電力を消費しなければいけなくなるため、通常より多くの電気代がかかる可能性があります。

また、エアコンの汚れを取ることでアレルギーや肺炎の予防につながります。

エアコンからの臭いも軽減されます。

 

エキテンでエアコンクリーニング業者さんの口コミも確認してみてください。

夏の暑さ対策に衣類の素材選び エキテンで検索

今年は梅雨明けも早く全国的に連日猛暑日が続いています。熱中症の症状も一週間で9000人以上が救急搬送されていると言われています。

そんな暑さが続いていますが、暑さ対策は衣類の素材の選び方でも対策することができます。

夏服選びではとにかく素材選びが大切です。デザインが半袖だとしても生地がしっかりしたコットンでしたら暑いのです。

特に麻は夏に涼しい素材の一つです。麻の中でもリネンは、吸水性や速乾性に優れています。汗を吸っても、すぐ乾かしてくれます。そのため肌にまとわりつかず夏でも着心地が良いです。

麻の繊維の仲間でヘンプという素材もあります。栽培に農薬を使わないエコな繊維であり、土壌を回復させる働きもあるため、ひそかなブームとなっています。衣類の素材としても汗を素早く吸って乾かしてくれて着心地が良いのはもちろん、生地が強く紫外線をカットしてくれる性質もあります。また、菌の繁殖がしにくいため汗の匂いも抑えてくれます。

モダールというレーヨンによく似た素材もあります。水洗いにも強く、洗濯に強い繊維です。吸水性や、発汗性にも優れています。手触りがよく、ヨガパンツなどのスポーツ用品に使われることも多いです。

インド綿は、綿の中でも特に涼しさを感じられる素材の一つです。薄手で風通しが良く、肌にまとわりつきにくいので着心地も良いです。吸水性や、発汗性も優れていて、まるでリネンのような機能性の高さがあります。インド綿は半袖ではなく長袖で売られている場合もあります。太陽光から肌を守ってくれ、ハリのある素材ですので風が吹き抜けるスペースができゆとりがあります。

夏の暑さは、衣類の素材選びにも気を配って暑さ対策をしていきましょう。

熱帯夜対策、快眠寝具をエキテンで探してみる

夏の暑い日は、夜になっても部屋に暑さがこもります。そのせいでなかなか寝付けなくて、やっと寝付けても汗だくで目が冷めてしまう、そんな熱帯夜に寝具で対策する方法があります。

そもそも熱帯夜は、夜になっても気温が25度よりも下がらない日のことを言います。

都市部ではエアコンの室外機の影響や、車の排熱の影響や、ヒートアイランド現象により夜になってもなかなか気温が下がりません。外気温が下がらないので、もちろん室内の温度も下がりません。熱帯夜の室内はエアコンをつけなければ30度近くなり、眠れなくて当然です。

眠れない原因は気温だけではありません。湿度が高いと汗をかいてもなかなか蒸発しないため、体に熱がこもってしまい、汗がいつまでも肌にまとわりつき、寝付きを悪くしてしまいます。

また、人が眠りにつくときは体温がいったん下がります。しかし暑すぎるとなかなか体温が下がらないため、いつまでたっても眠れない状態が続いてしまいます。

では、どうしたら快適な眠りにつけるのでしょうか。

例えば、エアコンをつければ室温は調節できますが、電気代もかかりますし、ノドや鼻などの風邪をひいてしまう心配もあります。

エアコンに頼らずに快眠する方法は、扇風機(首振り)またはサーキュレーターを使用して気流を作ります。すると汗が蒸発しやすくなり、眠りを保つことができます。

最近では、機能的な寝具も出回っており、汗を蒸発させてひんやり感を保つ素材の寝具や、蓄冷蓄熱マイクロカプセルを折り込んだ製品もあります。枕にも冷却素材のカバーを使えばさらに体を冷やす効果が高められます。エキテンでも寝具を販売している店舗を検索できます。

エアコンをつける場合には28度~29度くらいに調節して体の冷やし過ぎに注意しましょう。

夏は浴衣で出かけられるところをエキテンで探してみる。

夏の風物詩の一つに浴衣があります。浴衣で出かけるところと言えば花火大会を思い浮かべる人も多いと思います。しかし最近では花火大会だけではなく、食事やデート、お友達とのお出かけにも浴衣で遊びにいくのも増えています。ただ、浴衣で出かける花火大会など暑くて汗だくで帰るときにはもうクタクタという場所ではなく、涼しい場所を選んでお出かけすると浴衣でも快適に過ごせます。

エキテンで調べてみるとオススメの場所には、東京タワー、水族館、アートアクアリウム、美術館、寄席鑑賞などがあります。

東京タワーではこの時期、3Dプロジェクションマッピングの天の川イルミネーションが行われています。360度、星のような光が展望台を埋め尽くします。天の川や夏の星空がプロジェクションマッピングで演出されています。さらに7/5~7までの3日間に浴衣や甚平で行くと大展望台までの料金が割引になるチャンスもあります。

水族館のアクアパーク品川では、品川駅から徒歩2分という立地にありながら、かわいいイルカに出会えます。

アートアクアリウムでは、金魚の世界で夏を感じられます。その雰囲気から浴衣にぴったりの場所だと思います。こちらもまた浴衣で行くと割引があるようです。夜19時以降の開催になりますが、妖艶な色の光で照らされた水槽を見ながらドリンク片手に金魚の世界を見ることができます。

寄席鑑賞では、落語や漫才、手品、大道芸など日本ならではの伝統の愉しみを楽しめます。お年寄りの方が多いと思われがちですが、若い方が行っても十分に楽しむことができます。