エキテンで最新情報!~口コミサイトならエキテン~

エキテンで最新情報!~口コミサイトならエキテン~

ハラル認証とは?ムスリムフレンドリーとは?

「ハラル認証」という言葉聞いたことある方も多いかと思いますが、何のことか実はわかっていない方も多いのではないでしょうか。実は私もなんのことはよくわかっていなかった一人なのですが、いつも見ているエキテンマガジンに掲載されていて、初めて理解できました。ハラルとはイスラムの教えで「許されている」という意味で、イスラム教徒には多くの禁じられているものがあるようです。例えば、豚肉やアルコールが宗教的に禁止されています。豚肉やアルコールと聞くと摂取しないのは簡単なことに感じてしまうかもしれませんが、豚肉を使っていない料理でも豚肉の油脂を使って調理されたものや、アルコールを直接口にしなくてもアルコールを調理工程で使用していてはハラルとみなされないのだそうです。調理で使われていてもだめとなると、目の前に出てきた料理がハラルなものなのか、確認することができません。そのため、イスラム教徒の方たちも安心して口にすることができる「ハラル認証」を取得した食べ物やレストラン、ホテルなどが出てきたのです。来日しているイスラム教徒の数も増えていることもあり、今では食品だけでなく化粧品、薬品、金融、物流などもハラル認証の対象となり、広がりを見せています。

2020年の東京オリンピックに向けて、さらにマレーシア系やインドネシア系のイスラム教徒の方がたくさん日本を訪れてくれると予想されていますが、まだまだ「ハラル認証」の施設が足りていないのが現状です。ハラル認証の施設が増えないのには、その認証を得るための審査が厳しいことが挙げられます。そのためまずはじめやすいところから「ムスリムフレンドリー」という、イスラム教徒に対して友好的で使いやすい店舗であることをアピールをするというのがベストなのかもしれません。豚肉やアルコールを使ったメニューを一切ださないことで「ムスリムフレンドリー」をアピールできますのでイスラム教徒の方を狙った集客方法を検討してみるのもいいかもしれません。